心を ゆるる とさせてくれるものを集めてみようかな、と思っている*凜*です♪     不定期ながら更新してます☆


by yurul
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:artにたわごと( 6 )


今日は、名古屋で催されている CREATOR'S MARKET へ行ってきました♪
これは色んなクリエーターの方々が、自分の作品を商品として出品してらして、広い会場内には所狭しと個々のブースがぎっしり☆ 

・・・というコトで、コチラをクリック☆
[PR]
by yurul | 2007-12-09 00:08 | artにたわごと

200- レンブラント版画展


レンブラント版画展に行ってきました☆
久しぶりの美術館です。

・・・というコトで、コチラをクリック☆
[PR]
by yurul | 2007-11-04 20:31 | artにたわごと

182- スキン+ボーンズ



7/14(土)、東京へ行ってました☆
夜、PE'Zトモダチと飲もう♪というコトで♪♪♪
そしてその時間までMKちゃんと新国立美術館へ行ってきました^^*
絵画、となると、西洋美術館行きたいなぁって思ってたのだけど、国立でやっていた企画展が面白そうだったので、西洋美術館は次回のお楽しみに☆

凄く久しぶりの美術館~♪

・・・というコトで、コチラをクリック☆
[PR]
by yurul | 2007-07-17 00:35 | artにたわごと

88- ルドン

f0095830_20405177.jpg

ルドンの絵画を見に行ってきました☆
東海三県の県立美術館共同企画の所蔵展で、他にもモネ、ピカソなども・・・少なかったけど(^_^;


ルドンって、なんだか落ち着いた絵を描く人?っていうような、かなりおおざっぱなイメージしかなかったのですが<笑; 今回見てですね・・・あんまり好きじゃないかも><

と言うのは、"黒の芸術"と括られた作品群がですね、なんだか暗くてジメってした雰囲気で、、、虫っぽいものとか、虫じゃないけれど線が虫っぽい(分かりづらい説明だなぁ><)、頭部が台?の上に乗せられてるものとか、、不気味な感じ。
同じ黒だけを使った作品でも、共に展示されていたムンクの"ヴァンパイア"という絵は、怖いながらも迫力凄くて、絵に力を感じたんですよね。

もちろん、他にもルドンの色彩豊かな絵も飾られてたんですけど、もう、私の頭の中はその黒の芸術群でルドンという人の作品、というイメージがこべりついてしまって、、、それを打ち消してくれるほど、惹かれる絵も無かったんですよね^^;

でも、ピカソやムンク、ラティーン?とかいう人(もう名前うろ覚え<笑; この人の作品は、空気の動きが見えるようで、よかった☆)のも見れたし、良しとしましょう^^*

それにしてもあの美術館、どうしていつも、暗ーい雰囲気の絵が多いのかしら・・・??? もっと、ほっとするようなものとか、迫力のあるものとか、見とれちゃうような美しい絵とか、見せて欲しいなぁ・・・☆★
[PR]
by yurul | 2006-07-23 20:40 | artにたわごと

63- ソフィ カル

今日は、ずっと行きたいと思っていた、
 ”開館10周年記念 VISIONⅡ 後期:内なるこども”@豊田市美術館
に、行ってきました。 豊田市美術館の所蔵品展です。


以前、これの前期に行ってきて、大きな美術館の所蔵品展の為、色々なタイプのものが展示されていたのですが、その中ですごーく惹かれたものがありました、それが、ソフィ カル(SOPHIE CALLE)という方の作品。
後期の部でもこの方の作品があるということで、行ってきました。



”盲目の人々”というタイトルの写真展 :

生まれつき全盲の方のお顔の写真と、その方に質問して得た返答、そしてその返答に相する写真。

その質問というのが、

 
”あなたの、美しい、と思うものはなんですか。”



目が見えない人にとって、色や景色を目の当たりにしたことの無い人にとって、この質問は残酷だと思える。
けれどその質問に対しての、全盲の方々の返答に、じーんとしたのです。

ある方は、
 「自分が見れないから、避けてきた・考えないようにしてきた」
これが、当たり前だと思った。

けれど、そうではなかった。

 「私が何かを好きになるたび、人はそれが緑色だと言う。 草も木々もはも自然も緑色、だから緑色が好き。」

 「夢の中で息子を見た。 自分の息子をとても美しいと思う。」

 「魚。 音を立てないしつまらないもので、ちっとも面白くない。 けれど、魚達の水中での移動。 魚達が何にもつながれていないと思うのが好き。」

 「自分の結婚式の時、招待客の皆がステッキを掲げて(アーチを作るように)、その音が美しいと思う。」

 「視野の果てまで広がる海」

                     - リーフレットより端的に抜粋&思い出しながらの記述-


”美しい”という言葉一つが、すごく生命を帯びていて、目が見えるとか見えないとか、そんなレベルじゃないんだって思った。
目に映るものがキレイとか美しいとかではなくて、自分にとって大切なもの、想うもの、惹かれるもの、幸せの象徴、そういったものが”美しい”っていう言葉に包まれているんだなって。
久しぶりに、思わず涙ぐんでしまった作品でした。

そういえば、以前読んだ本の中で、筆者が出会った生まれつき盲目の人が、目が見えないとは思えない動きをし、とても自由で生き生きしていたのに、手術をして目が見えるようになったその彼は、絶望した、って書いてあった。 それも、目が見えるというコトが当たり前だと思っている自分自身にとっては、衝撃的でした。


それにしても、、、豊田美術館遠いよーぅ>< 
今日は行きに地元からずっと高速を使ったのですが(遅く起きちゃったので^^;)、往復160キロ・・・ また乗り過ぎだって言われそうです^^;
[PR]
by yurul | 2006-06-04 22:59 | artにたわごと

11- しゃがーる

お花見が雨で延期ー><

というわけで、ちょっと美術館へおでかけに変更しました♪
本当は、ガラス作品を見に行こうと思ってたのですが、起きるのが遅くて^^;
 (昨夜遅くから、よく行くお店にちょっと飲みに行き、尚且つ、つい長居しちゃって久しぶりに東から上がりたてのおひさまに会ってしまいました・・・ ̄▽ ̄;)
わりと近いところでやっているシャガール展(所蔵品)を見に行ってきました。

f0095830_015383.jpg




シャガール、色使いがなんだか好きなんですよね^^*
結構色数が多くてもごちゃごちゃしてなくて、優しい色使い。
押し付けがましくなくて、ちょっと遊びに来てみない?というような、優しい楽しさで誘ってくれるような感じで、子供っぽい無垢な色遊びが詰まっているような、そんな印象*^-^*



そしてついでに、、、実は今日は大雨(途中雷雨><)だったのですが、帰り、雲から差し込む光りがキレイだったのでちょっとお写真に♪

f0095830_22423746.jpg




明日は晴れるかな♪♪
[PR]
by yurul | 2006-04-02 22:47 | artにたわごと